春日井校 池田選手の保護者様

Q

【GKスクールに通って、なにか変化はありましたか?】
A


4年生から、GKとして、試合に出ることが多くなり、こちらのGKスクールで、基礎からご指導していただきました。
毎回、テーマがあって取り組んでいて、様々なチームから年代も異なったGKが集まっているので、とてもいい刺激を感じながら、トレーニングさせていただけたと思っています。
5年生から、トレセンについても意識をしだし、学んだ技術を活かし、自信を持って挑めたようです。おかげで、GKというポジションが大好きになり、更なる技術習得のために、トレーニングに励みたいと意欲満々になりました。

Q

【家族でどんな会話をされていますか?】
A


小学校の頃は、その日に習った技術についてもよく話をしてくれました。
本人は毎回、GKスクールは、楽しいと笑顔で話してきます。その笑顔を見ると、GKスクールの楽しさが伝わってきます。


名古屋校 内藤選手の保護者様

Q

【GKスクールに通って、なにか変化はありましたか?】
A


 小学6年生の夏から3年半、GKスクールに参加させていただいています。
入ってすぐの頃は、今までに所属チームでやっていたGKのトレーニングとは明らかに違う、GKとしての技術や細かいところまでのアドバイスをどんどん吸収して、自信をつけていく事ができました。
 中学生になり、高校生との合同での練習になり、ゴールも大きくなって、初めは戸惑う事もありましたが、適切なアドバイス、色々な器具を使ったトレーニング、息子個人の特徴を見極めた細かい指導をしていただいて、毎回、本当に楽しみに通っておりました。
人工芝のグラウンドも気持ちよく、怪我をすることなくトレーニングできた事に感謝しています。

Q

【家族でどんな会話をされていますか?】
A


 PK戦で最後まで残ったよ!
こういうプレーをしたらコーチに褒められたよ!とか、思い返してみると、マイナスな発言がひとつもありませんでした。
 公式戦と被ってGKスクールに行けない時はすごく残念そうでしたし、本当に毎回楽しみに通っていたなぁと思います。


春日井校 加藤選手の保護者様

Q

【GKスクールに通って、なにか変化はありましたか?】
A


 基礎はもちろんのこと、ゴールキーパーが覚えなければならない技術を一つ一つ丁寧に教えて頂けるので「たまたま止めれた」から「考えて止めた」と言うプレーが少しづつ増えてきました。
 これは本人にとっても自信に繋がっているようで、キーパーと言うポジションを楽しめるようになってきたと思います。
まだまだ上手くいかない事も多いのですが、やはりキーパーにしかわからない苦しさや楽しさを共有できる仲間と一緒に練習できるGKスクールは貴重な場所になっているようです。

Q

【家族でどんな会話をされていますか?】
A

 TVなどでサッカーの試合をみていても、話題の中心はゴールキーパーですね。
 応援しているチームのシュートを相手キーパーが止めても、思わず「ナイスキーパー!」と言ってしまいます(笑)
 他のチームのキーパーと知り合う機会も増え、直接対戦する時などはいつも以上に気合が入るようです。 GKスクールで一緒に練習している、仲間でもありライバルでもある友達のことは家でも良く話してくれます。


名古屋校 政田選手の保護者様

Q

【GKスクールに通って、なにか変化はありましたか?】
A


GKに憧れを抱くも、どういうプレーをすればよいのか分かっていなかった息子が、スクールでの練習を重ねる毎に、GKの動きになってきています。大事な試合で、教えていただいたプレーをうまく出せた時の表情をみると、貴重な成長の機会をいただいていることを改めて感じます。
また、練習のある日はご機嫌で、見ているこちらまで楽しい気持ちにさせていただいています。

Q

【家族でどんな会話をされていますか?】
A


サッカーの話題がすごく増えてきました。欧州リーグやJリーグの話、スクールで習った技の話、コーチや他の選手のすごかったプレー、所属チームの話などを楽しそうに教えてくれます。
サッカーの試合を一緒に観戦していて、ゴールが決まった時に「惜しいっ!」と悔しそうに言っていたのには、少し笑ってしまいました。

名古屋校 加藤選手の保護者様

Q
GKスクールに通って何かプレーや変化はありましたか?
A

 小6からお世話になっています。今までは、体が大きいだけでキーパーをやっていた感じでしたが、スクールに通い出してから、楽しくサッカーに取り組んでいる感じを受けました。
自信と言うのかなんなのかは、わからないのですが、スクール楽しい‼️と言って毎回参加してました。
そのご縁もあり、中学でクラブチームに入る決断をして今まで足元の苦手だった子が、キーパー練習だけではなく足元の練習もしていただけるので自信をつけて、中学1年の時はキーパーの自分にボールが回って来る事が少なかったのですが、2年の時くらいからボールが回って来るようになり益々チームを意識する事が出来る人になった感じを受けました。
そのおかげでチームでも結果を残せる事が出来たのも、スクールのおかげだと思います。

Q
家族でどんな会話をされていますか?
A

 多くは話はしないですが、高校で強いチームでサッカーはしたいとずっと言っていたので楽しいサッカーが出来でいるんだな‼️と思っています。
そうさせてくれたのもスクールがあったからだと。
今年から高校1年になるので、スクールとの関わりは少なくなりますが、高校との練習が被らなければ行きたい‼️と言っています
あ〜‼️楽しい居場所なんだな〜と。

名古屋校 森田選手の保護者様

Q
【GKスクールに通って、何か変化はありましたか?】
A

中学1年生からGKスクールに参加させてもらい1年半が過ぎました。
毎週末息子の試合観戦に行くのですがGKはプレーの判断も難しく観てる側もハラハラするため観ているだけでとても疲れていました。
しかし、スクールに通ってからは徐々に良いプレイを観る回数も増え本人も自信を持って試合に出ているように感じ、ハラハラするようなプレーも減り、試合を観ていて楽しめるようにもなりました。
特にPKでの勝負強さは格段に上がりました。
PKになればほぼ勝てると感じさせてくれるほど成長することができました。

Q
【家族でどんな会話をされています
A

スクールの帰路でクルマの中で話す2人の会話が私のお気に入りです。
その日その日で練習のテーマとゴールがあり練習始めからステップを踏み練習終盤には試合を想定した複合練習へと移行します。
私は練習の一部始終を観ているのですがその日の練習の意味や試合のどの場面で実践してみようか?など息子と話す事でお互いが前向きな気持ちになるような気がして嬉しくなります。
また、一緒にプレーしている選手達のレベルの高さに驚きです!練習の中で見るファインプレイを見るとGKと言うポジションに魅力を感じると同時に頼れる存在にならなくてはいけないとメンタルの話をする回数も増えました。
スクールがある日は何故か(笑)親子3人で練習グランドに行ってしまう程楽しみな時間となってます。

名古屋校 桐生選手の保護者様

Q
【GKスクールに通って、何か変化はありましたか?】
A

三重県鈴鹿市から名古屋ゴールキーパースクールに通っていました。通い始めたのは、中学校2年生からです。
息子は、中体連でサッカーをしていましたので、GKコーチは当然おりません。そのため本格的なトレーニングは出来ていませんでした。

その事を心配した知り合いの方からとても良いGKスクールがあると聞いて、体験会に参加させて頂きました。
最初は「遠いし…」と乗り気でなかったのですが、体験会に参加した後すぐに「もの凄く良かった!ここに通わせて欲しい!」との事でしたので、通う事にしました。
とにかく真面目だけが取り柄の息子でしたので、GKスクールで教えて頂いた事は全てサッカーノートに書いて、学んでいました。親から見ていても、専門的に学べて本当に楽しそうな感じでした。今年3月に中学卒業の為、退会させて頂く事になりましたが、息子にとって本当に充実したトレーニングが行える環境に出会えて良かったと思っています。

Q
【家族でどんな会話をされていますか?】
A

通い始めた頃は、市トレセンでしたが、先月行われた東海GKキャンプに三重県代表として参加させていただきました!

息子の第一声は
「GKスクールのおかげだ!お父さんお母さん通わせてくれてありがとう!」でした。
GK技術だけでなく、他のチームの選手と切磋琢磨しながら行う事で、精神的にも成長させて頂き、感謝しております。

名古屋校 鵜飼選手の保護者様

Q
【GKスクールに通って、なにか変化はありましたか?】
A

本人は、4年生の後半ぐらいからフィールドプレーヤーとゴールキーパーを半分ずつやり始めました。
最初は、自己流で基本技術が備わっていないため、ファンブルが多く、周りをハラハラさせるプレーが多かったです。
スクールに通い始め、キャッチングやブロックなどの基本技術はもちろん、ポジショニングも教えて頂いたことで、チームを救うプレーが出来るようになりました。
それにより本人の自信が湧き、キーパーとしての立ち振る舞いが変わったと思います。
もう一つ変わったことは、キーパーの子を持つ親の気持ちの変化です。
最初は、フィールドプレーヤーとして力不足のためにキーパーを勧められたのかな?と疑問がありました。フィールドプレーヤーで華々しく活躍するのを羨ましく思っていたほどです。
しかし、本人から技術力の向上、チームを助けるプレー、本当に楽しそうにプレーする姿を見せられることで、今はキーパーを選択して良かったと心から思えるようになりました。

Q
【家族でどんな会話をされていますか?】
A

難しいことですが、キーパーが失点しなければ負けることが無いので、そうなるように技術を高めようと話しています。
もう一つは、憧れの対象となるオーラがある格好いいキーパーを目標にしようと話しています。
練習については、当日の具体的な内容やコーチからのアドバイス、それをどれだけ実践出来たかなどを教えてくれます。
試合前には、課題を一緒に整理して臨むようにしています。
練習の成果が出た時は、最高の笑顔で「ナイス キー」と喜んでいます!

瀬戸校 石井選手の保護者様

Q
【GKスクールに通って、なにか変化はありましたか?】
A

初めてGKスクールに参加したのは、3年生の秋でした。初心者で知ってるお友達もいなかったので心配しましたが、コーチがよく声をかけてくださり、初心者でも基礎から丁寧に指導してくださったので、すぐにGKの魅力に取りつかれたようでした。
教わったことを実践の試合で活かし、また、試合ではできなかったことをコーチに話すと、その場面を再現した練習をしてくださり、その時どうすれば良かったのかなど教えてくださるので、できることが増えて自信になり、どんどん成長していきました。
トレーニングの後は、いつも生き生きとした表情で楽しかったー!と帰ってきます。

Q
【家族でどんな会話をされていますか?】
A

GKスクールで教わったテクニックやトレーニング方法など話してくれます。
今日はこんなことができるようになった!とか笑顔で話してくれるので、嬉しく聞いています。
また、GKスクールで仲良くなった他チームの選手との話も楽しそうによくしてくれます。